PandoraSaga

マゴットプロジェクト:名もなき英雄の指輪は?

2018/03/29

 

はいこんにちは

今回は、新イベントのマゴットプロジェクトについて述べてみようと思います。

最近、結構手の込んだミニゲームが増えてきて、やりごたえを作っているなと感じています。もちろん、デバッグをろくにしないので必ず不具合は起きていますが、その前向きな姿勢は評価できるのかなと感じております。

マゴットプロジェクトとは?

マゴットを育成していくイベントなのですが、文字で説明するよりも動画を見たほうが早いので、イベント内容を動画にしてあげている方(ノコノコさん)を紹介しておきます。

報酬は?

ミニゲームの内容について詳細を記述してしまうとやりごたえがなくなってしまうので、あえてこちらでは述べません。と思っていましたが、ある程度時間もたちましたので、紹介します。

とりあえず、こちらのイベントはこちらになります。

 

報酬以外に何かある?

こちらのミニゲーム以外にMOBからドロップする謎の装置のチケットを集めることで、さらにレアな報酬を狙うことができます。イベント内容を動画にしてあげている方(ノコノコさん)を紹介しておきます。


動画内では紹介されていませんでしたが、レアアイテムとして名もなき英雄の指輪というものが出ます。友人からお借りしたアイテムの性能を紹介します。

ちなみにこちらのあたりの動画にはいくつかバラエティがありまして、これが結構楽しめます。動画はありませんが、大当たり時のやり取りを貼り付けます。

助手リリーエ : (あれ…頭の中に、何か溢れてくる…)
助手リリーエ : … …
は…初めまして…
わたくし、理事長の娘…リリーエと申します…
研究員サカキ : 君か。
今日から俺の助手になる者だな。
助手リリーエ : はい…
い、一生懸命頑張ります…
研究員サカキ : あ。
俺の仕事は歴史を変えることだ、精々頑張れ。
期待しておく。
助手リリーエ : … …
う…うん…
研究員サカキ : (この小娘、なんて熱い眼差しで俺を見てるんだ!
さてはこの俺に惚れたか…
やれやれ、俺はなんと罪深い男だ…)
助手リリーエ : (リリーエをこんなキモイおじいさんのところへ投げ込んで…お母様は一体何を考えているの!?)
研究員サカキ : リリーエよ、
君に一番足りない物は何だと思う?
助手リリーエ : えっと…
仕事経験、ですか?
研究員サカキ : 違う、
根性だ。
助手リリーエ : こ…根性?
助手リリーエ : えっと…研究の仕事と根性は何か関係がありますか?
研究員サカキ : ない。
だが君は根性が足りないんだ。
助手リリーエ : わ、私は研究について勉強しに来ましたけど…
研究員サカキ : 知っている、
だからまず根性を鍛えるのだ。
研究員サカキ : この広場を走って100周して来い。
俺はちょっと用事がある、1時間後に戻る。
助手リリーエ : え!!!??
冗談でしょう!!!???
研究員サカキ : 俺は冗談は言わん。
先に言っておく、君の服に座標を示す連続記録装置がついてる。後で装置のログを見るから、サボってもすぐにバレるぞ。
助手リリーエ : 何!?
嘘でしょう!?
理不尽です!
研究員サカキ : バカめ!!
研究員サカキ : 俺はこれから大切なドラマを見るのだ!
研究員サカキ : 俺のドラマ鑑賞時間を潰したら、国はどうなるか分かるか!?
研究員サカキ : 分かったら早く走れ!!!
助手リリーエ : …うううう…
助手リリーエ : ちくしょう!!!!!
助手リリーエ : これは…私の記憶…?
助手リリーエ : えっとえっと…
ここは条件方程式で分れて、真の場合はこちら、偽の場合はループ…
助手リリーエ : ここは係数を判定して、
マイナスの場合エラーを表示…
助手リリーエ : サカキ様、第四マナ電場の信号受付の限界値はどのぐらいに設定します?
研究員サカキ : ググれ。
助手リリーエ : えっと…じゃとりあえず信号発信器の基準値とマナ電場の極限値で獲得した限界値はそのまま使ってもよろしいですか?
研究員サカキ : ZZZ
助手リリーエ : … …
助手リリーエ : あ… お兄様に連絡してみよう…
助手リリーエ : 地獄のような日々でした…
助手リリーエ : それからずっと、一人で頑張っている私…
助手リリーエ : 全ての困難を乗り越えて、やっと卒業した…
助手リリーエ : そして、ずっと私を教育したサカキ様と、もう会えない…
助手リリーエ : サカキ様…
助手リリーエ : ちくしょう!!!!!!
助手リリーエ : このバカーーー!!!!!
助手リリーエ : お前はキモイんだよ!!!!!!
助手リリーエ : はぁ…はぁ …
XXXXXXXXXXXXX : (… …)
助手リリーエ : … …
XXXXXXXXXXXXX : (… …)
助手リリーエ : 何か凄い物が当たったね~おめでとう~
XXXXXXXXXXXXX : さっきのは…?
助手リリーエ : お~め~で~とう~
XXXXXXXXXXXXX : (… …
これは「聞くな」の意味かな…)

その他バージョン

見覚えがあるラピン : お姉ちゃ~ん
一緒にアソボ
助手リリーエ : …
間違いました、これはあたしの個人的な創作品です…
助手リリーエ : … …
XXXXXXXXXXXXX : (… …)
助手リリーエ : これを差し上げますので、この事を忘れてくださいね~
XXXXXXXXXXXXX : (さっきのラピンは確か… …)

 

最後に

狩りの時もそうでしたが、ミニゲーム部分が戦争に影響を与えてしまう作りが大問題です。イベントはバル鯖で開催して、ついでにアイテムの移動も可能にするようにすれば、ファル鯖への影響を避けることができるのではないのでしょうか?

 

-PandoraSaga