PC記事

Windows10強制アップデートを回避する方法(追記)

2016/09/07

今までは任意でWindows10へアップデートするようになっていましたが、強制的にアップデートするようになったようです。
そこで、Windows7環境における「Windows10への強制アップデートを回避する方法」を記事にします。(Windows8でも同様の手順とは思いますが、実機がないのでWindows7とさせていただきました)

lgf01a201501021800.jpg

なぜダメなのか? 

・アップデートすることで利用できていたソフトが使えなくなる可能性がある。
一部のオンラインサービスがそもそもWindows10をサポートしていない。
・設定次第では、個人の情報がMicroSoftに送られてしまう。

強制アップデートさせない方法

1.タスクマネージャでGWX.exeプロセスをキル
2.コントロールパネルの[プログラム]-[プログラムと機能]-[プログラムのアンインストール]を選択
Install.png
3.[インストールされた更新プログラムを表示]を選び、その中のパッチナンバー【KB3035583】をアンインストール
4.コントロールパネルの[プログラム]-[プログラムと機能]-[Windows Update]を選び、赤枠部分を選択
更新.png
5.更新パッチ一覧から、[重要]-[パッチナンバー【KB3035583】]を右クリックして、[更新プログラムの非表示]を実行
更新2.png

アップデートをとめる方法

今後もこういう形で強制アップデートを行う可能性も考え、自動的にアップデートさせない方法を紹介します。
Win10.png
ただ、どうしてもお試しでWindows10にあげてみて様子を見たい人は、Windows7の環境をイメージファイル等でフルバックアップして試してみるのもいいかも?

-PC記事